SFAを使うのであれば直感的に使えた方がいい

営業活動を可視化するためにSFAと呼ばれるツールを導入します。
ツールを導入したとしても、営業社員が誰も使ってくれないような操作性が悪いものであれば、大金を払ったのに何も意味が無くなります。
入力するのがとてもつらいということであれば、次第に使ってもらえなくなります。
営業活動の効率化にもなりませんので、何よりも営業社員が使ってくれそうなものを選ぶべきでしょう。
SFAの導入を考えるうえで何よりも大事なのが操作性の良さではないでしょうか。
営業社員が感覚的に使ってくれそうなものであるべきです。
仮に入力がしやすいのかどうかというのは使い勝手の上で大切です。
使い勝手がよく入力が簡単に終わることが何よりもいいです。
営業社員は社内にいることは少なく勤務時間の多くを外回りで占めています。
そうであれば、社会にいないと使うことができないツールよりは、外回りをしていてもモバイル環境で入力することができるツールのほうがましでしょう。